한국에서 온 유학생의 자기 PR 란 [2]

2017.01.10 update
  • Mail
이번에 첨삭 의뢰가 있었던 것은 한국에서 온 유학생 김영이(가명)님의 이력서입니다.
자기 PR 란의 내용에 관해 첨삭했습니다. 모두가 이력서에 쓰고 있는 내용을 읽고, 자신의 이력서에 활용해보세요.

[원본 문장]

バイト紹介サイトで、貴社の募集情報を見たのです。
すごく興味があって、応募したいと思っています。

私、親しみやすい人と言われます。
責任感が強いなので、仕事はいつも一生懸命努力します。

大学1年生時、バイトは何回もやりました。バイトはファミレスでした。
他の店員さんと助けてお客様を接待したりしました。
このバイトは私に仕事の大変さを体験させたり、どうやってお客様と対応すべきかを分からせたりしました。

是非この仕事をやらせてください。
이력서의 사진

[첨삭 문장]

バイト情報サイトで、貴社の募集情報を見たのです。
⇒バイト情報サイトで、貴社の募集情報を見ました。(아르바이트 정보 사이트에서 귀사의 모집정보를 보았습니다)

すごく興味があって、応募したいと思っています。(매우 흥미를 가지게 되어, 응모하게 되었습니다)
⇒ [OK]

私、親しみやすい人と言われます。
⇒私親しみやすい人だと、よく言われます。(저는 친해지기 쉬운 사람이라는 말을 자주 듣습니다)
"言われます"만으로도 괜찮으나, "よく言われます"로 바꾸면 더욱 자연스러운 문장이 됩니다.

責任感が強いなので、仕事はいつも一生懸命努力します。
⇒責任感が強いので、仕事はいつも一生懸命努力します。(책임감이 강하기에 항상 열심히 노력하며 일합니다)

大学1年生時、バイトは何回もやりました。
⇒大学1年生時、バイトは何回も経験しました。(대학교 1학년 때, 여러 아르바이트를 경험했었습니다)
"やりました"는 거친 어감을 주기 때문에, 여기는"経験しました"로 바꿔봅시다.
バイトはファミレスでした。
ファミレスでバイトをしていました。(패밀리 레스토랑에서 아르바이트 했었습니다)
"ファミレス"는 업종의 종류를 뜻하는 단어이므로 문장의 앞쪽에 놓아주세요. 더욱 자연스러운 문장이 됩니다.

他の店員さんと助けてお客様を接待したりしました。
⇒他の店員さんと助け合って、お客様接客をしたりしました。(다른 점원들과 도와가며, 손님의 접객을 했습니다)
여기에서는 다른 점원들과 협력했다는 의미로 "助けて"를 쓰고 있다고 추측되므로,"助け合って"로 바꿔주세요

このバイトは私に仕事の大変さを体験させたり、どうやってお客様と対応すべきかを分からせたりしました。
⇒このバイトを通じて、仕事の大変さを体験どのようにお客様に対応すればよいかを学びました。(이 아르바이트를 통해서, 저는 일의 어려움을 체험하였고, 어떤 식으로 손님에게 대응하면 좋은지를 배웠습니다)

是非この仕事をやらせてください。(꼭 이 일을 하고 싶습니다)
⇒ [OK]

7 명이 도움이 되었다고 합니다.

이 기사가 도움이 되었습니까?

  • Mail

PAGE
TOP