日本のアルバイトの実態

2017.01.27 update
  • メールで送る

学生に身近なアルバイト

日本の学生にとって、アルバイトはとても身近なものです。
日本の大学生の約70%がアルバイト経験をしているという調査結果もあります(内閣府平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査報告書)。

また、アルバイトの募集もたくさんあります。アルバイトを探すための求人サイトや求人情報誌もたくさんあります。

あなたも十分な情報収集をおこない、準備をすれば、アルバイトを見つけるのは、難しいことではありません。
外国人がアルバイトをしている写真

アルバイトができる仕事の例

日本では、町で見かけるほとんどのお店でアルバイトの人がはたらいています。
アルバイトのいち例を紹介します。

■日本語のビギナーの方
・倉庫内での荷物の仕分け・軽作業
・お弁当の製造
・ファミリーレストランやファストフードのキッチン
など

■日本語でのかんたんな会話ができる方
・コンビニエンスストア
・スーパーマーケット
・ファミリーレストランやファストフードの接客
・カフェ
など

■日本語が得意な方
・通訳、翻訳、ガイド
・ホテルのフロント
など

どれくらいの時間働く必要があるか

アルバイトの募集では、週3日以上、1日3時間以上の仕事が多いです。
ですので、週3日以上、1日3時間以上働けると、アルバイトをみつけやすいかもしれません。

土曜日と日曜日だけでもOKのアルバイトも多いです。

アルバイトを探すときには、あらかじめ授業や勉強の妨げにならない時間帯を書き出しておくとスムーズに活動できます。

※外国人留学生でアルバイトができるのは、入国管理局から『資格外活動許可』を得ている人のみで、原則週28時間以内です。

どれくらい稼げるか

日本のアルバイトの平均的な時給は、都道府県によって差がありますが、900円~1000円程度です。

月の収入の目安は、

・週28時間アルバイトをした場合
28時間×4週間×900円~1000円=100,800円~112,000円

・週3日、1日5時間アルバイトをした場合
5時間×週3日×4週間×900円~1000円=54,000円~60,000円

まとめ

日本のアルバイトの実態は
・学生にとってアルバイトはとても身近なもの
・町で見かけるお店のほとんどでアルバイトの人がはたらいている
・十分な準備をすれば、アルバイトはみつかる
・アルバイトの募集は週3日以上、1日3時間以上が多いが、土日のみの募集も多い
・アルバイトの平均的な時給は900円~1000円程度

130 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

PAGE
TOP