バイトの面接:あいさつ&マナー

2016.08.25 update
  • メールで送る
今回は面接前日に準備しておくべきことと、面接当日のあいさつやマナーについてお伝えします。

面接前日

・前日までに面接場所までの行き方を調べておきましょう。PCやスマートフォンをもっているときは、「乗り換え」というキーワードで検索すると出発地から目的地までの移動時間も計算できます。移動時間を計算して、面接時間の5~10分前には約束している場所に着くようにします。
・面接会場の地図のプリントアウトしておくと、迷ったときに道を聞きやすいです。
・交通トラブルなどによって遅刻しそうなときに連絡できるように面接担当者の電話番号をメモしておきます。

面接当日

・身だしなみを確認してから会場に入りましょう。(コートなど上着は脱いで手に持つのがマナーです)
・携帯電話は電源OFFにしてください。マナーモードのバイブ音も鳴らさない方がよいです。
・お店などで面接のときはお客様と間違われることもありますので、自分から名乗りましょう。
・元気な声で「はじめまして。アルバイトの面接に伺いました○○(名前)です。ご担当の○○様をお願いできますでしょうか。」と伝えましょう。
・面接会場では勝手に椅子に座らず、面接担当者に「どうぞ」と勧められてから座りましょう。
・履歴書や筆記道具など面接に必要なものはかばんからすぐに取り出せるように用意しておきましょう。
携帯を電源オフにする写真

面接中の言葉遣い

・早口にならず、相手が聞き取りやすいように話しましょう。
・正しい敬語を使いましょう。相手が友達に話すような口調で話していても同じ口調になってはいけません。
・あの~、えっと・・・という言葉は自信がないような印象を与えますので、なるべく使わないようにしましょう。

【間違えやすい敬語】
・了解です× 分かりました○、承知しました○
・ご苦労様です× お時間頂き、ありがとうございました○
・すみません×  申し訳ございません○

面接が終わったら

・「以上で面接は終わりです」と言われたら、「ありがとうございました」と挨拶をします。
・面接会場を出る時に、もう一度、相手に向かって「ありがとうございました。失礼いたします。」と挨拶してから、外に出ます。
・見送って頂いた場合は、改めて会釈します。

まとめ

アルバイト面接において基本となることが以下の3つです。しっかり覚えて、面接で好印象を与えてください。

・面接地には5~10分前には到着するように移動する。
・相手に「どうされました?」と聞かれる前に、自分から面接にきた用件を伝える。
・しっかり挨拶をする

19 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

PAGE
TOP