バイトの面接:面接で好印象を持たせたい

2016.08.25 update
  • メールで送る
面接のときは緊張すると思いますが、以下のポイントを意識して臨んでみましょう。あなたの誠実さを面接官に伝えることができるはずです。
ポイントをジェスチャーで強調する女性の写真

■面接の10分前には会場に到着していること

面接の場合、約束している時間のぎりぎりに到着するのではなく、約束時間の10分前には訪問しましょう。早めに到着することは、日本の待ち合わせのマナーです。

■面接の始まりと終わりに、きちんとお辞儀をすること

面接が始まるときは「よろしくお願いします」、面接が終わるときは「ありがとうございました」と、きちんと挨拶をしましょう。あなたが礼儀正しく挨拶ができることを伝えましょう。

■背筋を伸ばし、キレイな姿勢を保つことができる

面接中は背筋を伸ばして、キレイな姿勢を保つことを意識をしてください。背中が丸まっていると面接官に暗い印象を与えてしまいます。キレイな姿勢を保つコツはお腹に力を入れ、アゴを引いて椅子に浅く座ることです。

■リアクションを取りながら話すことができる

相手の発言にリアクションを取りながら話すことは、とても重要です。リアクションを取ることで「あなたの話していることが理解できます」という意思表示になります。面接官と意思の疎通がとれた会話をすることで、あなたの魅力を伝えましょう。

■笑顔で話すことができる

面接のときは、緊張するかもしれませんが、リラックスした笑顔で話すことを意識してください。あなたの明るい性格を面接官に伝えることができます。

■語尾に「です」や「ます」を付けて話すことができる

面接では丁寧な言葉使いを意識しましょう。友人と話す時のような気軽な感じではなく、面接のときは語尾を「です」や「ます」調で話すようにしてください。面接官はあなたが丁寧な日本語を話すことができるかを確認しようとしています。

■相手の目を見ながら話すことができる

例えば、あなたが接客業のアルバイトをしようとした場合、お客さんの目を見ながら会話をできることが重要になります。面接官とアイコンタクトをとりながら話すことを意識しましょう。あなたの誠実さを伝えることができます。

■ゆっくりとハッキリした発音で話すことことができる

普段友人と会話する時より、ゆっくりとしたスピードで話すことを意識してください。ハッキリとゆっくりしたスピードで話すことによって、面接官があなたの話している内容を聞き取りやすくなります。

■筆記用具を持参すること

面接中に履歴書に追加で情報を記入をすることがあるかもしれません。また、そのアルバイト先独自のアンケートの記入をすることがあるかもしれません。メモ帳やペンなどの筆記用具は必ず持参するようにしましょう。

20 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

PAGE
TOP