バイトの履歴書:「志望動機」の書き方

2016.08.25 update
  • メールで送る
履歴書によくある志望動機の欄。どう書いたら良いのか迷う方の多いと思います。ここでは、志望動機の一例を紹介しますので、あなたなりの志望動機を作成してみてください。

日本語を磨きたい

アルバイトを通じて、日本語を上達したいという気持ちを伝えましょう。仕事への意欲を伝えることも忘れずに。

■例文
私は、日本語学校で日本語を学んでいます。学校で勉強するだけではなく、もっと日本の方と日本語で話をする機会を増やしたいと思い、応募しました。仕事を一生懸命覚えて、お客さまとの会話を楽しめるよう努力しますので、よろしくお願いします。
ナイスのジェスチャーをしている女性の写真

家や学校の近くでアルバイトをしたい

学校に通いながら、家の近くや学校の近くでアルバイトをしたいというのも、立派な志望動機です。文章にするときは、近いということだけではなく、アルバイトへの意欲も伝えましょう。

■例文
私は、昼間は日本語学校に通っているため、時間を有効に使いたいと思っています。家から近く、通いやすいため、長く続けられると思い、応募しました。通学のときに、お店の前を通ることもあり、明るくはたらいている方の雰囲気もよく、一緒にはたらいてみたいと思いました。

お金を稼ぎたい

お金を稼ぎたい理由や目的を伝えるようにしましょう。同時に、アルバイトへの意欲も伝えましょう。

■例文
私は、日本語学校で日本語を学んでいます。できる限り、親の負担を減らすために、自分の生活費や学費を自分で稼ぎたいと思っています。そのため、長く続けられるようなアルバイトを探しています。学校から近く、学んだ日本語も生かせるので、長く続けられると思い、応募しました。

将来のために学びたい・経験したい

将来やりたい仕事に役に立つ、将来のために学びたい、経験したいという目的と意欲を伝えましょう。

■例文
私は、日本語学校で日本語を学んでいます。将来、ファッションに関わる仕事に就職したいと思っています。このお店で、お客さんと接しながら、日本の先端のファッションを学ぶためにがんばりますので、よろしくお願いします。

まとめ

履歴書の志望動機の書き方は、アルバイトに応募する理由とともにはたらく意欲も伝えることが大切です。

42 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

関連記事

PAGE
TOP