はじめてのアルバイト探し

2017.01.17 update
  • メールで送る

アルバイト情報の探し方

「日本のバイトルール」をチェックしたら、次はアルバイト情報を探してみましょう。
探し方にはいろんな方法があります。

通っている学校の学生生活課、生協などから紹介してもらう
学校によっては生協、学生生活課などで学生向けのアルバイト情報を扱っていることがあります。学校の試験監督、データ入力補助などの学校内でできるお仕事情報があるのも特徴です。

学校内の掲示板を利用する
学校からのお知らせやイベント内容などを知らせている掲示板に、アルバイト募集の張り紙が張ってあることもあります。掲示板の場合、あなたからお仕事をしたいと張り紙を出し、アピールすることも可能です。語学の個別レッスンを募集する内容が多いことも特徴です。

先輩、友達、知り合いからの紹介
すでにアルバイトをしている学校の先輩や知り合いがいる場合は、その知り合いを通じて、アルバイト先にあなたを紹介してもらうこともできます。アルバイト先も、実際に働いている人の紹介なので、前向きに対応してくれるはずです。

無料の求人情報誌を利用する
駅、コンビニなどに置いてある無料の求人情報誌を利用して探すことも可能です。持ち運びができるので、情報を確認しやすいところがメリットではありますが、応募の方法が電話のみに限られることが多いです。また、留学生向けのお仕事情報を探すためには、一つひとつ募集内容を確認する必要があります。

WEBの求人情報サイトを利用する
スマートフォン、PCなどを持っていればインターネットでアルバイト情報を探すことができます。検索するときに「留学生歓迎」や「留学生 アルバイト」というキーワードを追加することで、留学生のアルバイトを募集しているお仕事情報を簡単に探すことができます。また応募の方法も電話、WEB応募と選べることが多いので、電話でお話しすることが苦手な人にもオススメです。
スマートフォンの検索画面に「留学生歓迎」と入力している写真

何を基準に探すべき?

アルバイト情報が多く掲載されているWEBの求人サイト。ここでは情報を絞り込んで、あなたの希望に合う情報を見つける方法をお伝えします。
勤務地で探す:学校から近いか、家から近いか
勤務地からアルバイト情報を探すときは、学校もしくは家から近いところにあるお仕事を探すと良いでしょう。
学校帰りにアルバイトに行きたいと考えている人は、学校から近いエリア名や駅名を入れて検索します。
多くの場合、アルバイト情報の中に「○○駅から徒歩○分」との記載がありますので、通いやすいかどうかの判断基準にしてみましょう。

シフトで探す:働ける曜日と時間はいつ?
普段、学校の授業が終わってから働きたい人は、自分が働ける希望の時間帯でお仕事情報を探せます。
平日、18時から21時の間で働きたい!土日、昼から夕方までなら働けそう!などあなたの生活パターンに合わせて、アルバイトできる曜日と時間を絞り込んでみてください。
時給で探す:いくら稼ぎたいか
働ける時間と曜日が決まったら、時給でも探すことができます。あなたが探している条件で一番高い時給をもらえるお仕事を探したり、時給○○○円以上は絶対稼ぎたいと思う場合は時給条件を指定することも可能です。

職種で探す:どんなお仕事をしたいか
アルバイトをするなら、おしゃれなレストランでアルバイトしたい!一人でコツコツとPCのデータ入力をしたい!などアルバイトを探す時点で具体的にお仕事したい職種が決まっている場合は、その職種のお仕事情報だけを表示させることも可能です。

職種と合わせて、「留学生歓迎、外国人歓迎」のキーワードで探すこともオススメです。
まだ日本語に不安があり、アルバイトできるか不安・・・と思っている人は、留学生歓迎というキーワードで検索してみてください。検索結果に出てきたお仕事内容をみて、自分ができそうと思うお仕事を見つけてみましょう。
探すを意味するイラスト

まとめ

アルバイトを探してみようと思ったら・・・
■アルバイト情報を探す方法でもっとも便利なのはWEB求人情報サイトを利用する方法
■WEB求人情報サイトは情報量が多いため、自分に合う情報を絞りこむことが大事
■勤務地、働ける曜日と時間、時給で探すこともできる
■検索のときは「留学生歓迎」のキーワードを追加すると、留学生を採用したいお店や会社のお仕事情報が出てくる

20 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

関連記事

PAGE
TOP