深夜って意外と忙しい!コージーさんのコンビニバイト体験談

2017.01.10 update
  • メールで送る
深夜のコンビニはどんなお仕事があるのでしょうか。今回は深夜のコンビニで働いていたコージーさん(21歳、男性)にコンビニアルバイトについて教えて頂きました。

どんなお仕事があるの?

接客全般と店内の商品管理、店内の掃除が主業務でした。
お客様が買った商品の会計、アメリカンドッグやフランクフルトなどホットフードの管理、雑誌の返本作業や陳列、商品の陳列や前出し、商品の賞味期限チェックと廃棄処分、ジュースとデザート類の発注業務も行います。
掃除は、お店入り口に設置してあるゴミ箱の管理、入り口周辺の掃除、バフマシーンを使った店内の床掃除、トイレ掃除、ホットフードが入るショーケースの掃除です。

【コンビニ用語】
・バフマシーン:コンビニの床をワックス掃除するための機械のこと。
・前出し:商品陳列棚の前側にあった商品が売れた後に、奥にある商品をお客様が手に取りやすいように手前側に出す作業のこと。
コンビニ

よく使う日本語、覚えておくと便利な日本語って何?

もっとも良く使ったのは
いらっしゃいませ」、
ありがとうございました」、
またお越しくださいませ
っていうお客様への挨拶の基本となる言葉です。

お客様が入店してきたら、作業をしていても、必ず「いらっしゃいませ」と挨拶をします。

また、お客様が何も買わずにお店から出て行っても「ありがとうございました」って言いました。次に買い物をしてくれたお客様には「ありがとうございました、またお越しくださいませ」という感じで、次回の来店を促すような挨拶をしていたので、この三つの言葉をよく使いました。

コンビニのバイトで身につけた能力などプラスになったことは?

レジ作業がとても早くなりました。
アルバイトをはじめたばかりの頃は、商品のどこにバーコードがあるかなんて意識したこともなかったので、バーコードを探すことに苦労しました。

次にジュースやデザート類の発注業務で頭を使いました。
デザートは賞味期限の長いものが多いんですが、紙パック系の飲料水は賞味期限の短いものが多く、うかつに多く発注してしまうと消費期限切れを起こすことになるので、ちょうどいい量を注文することに苦戦しました。

慣れてくると、ただ発注するだけでなく祝日や週末を挟むか、その時の天候はどうか、月初めか月末かといったお客様の入り具合や懐具合まで考えて発注するようになりました。
発注業務での経験は自分で自営業をする時の参考になりました。

楽しかったことって何?

お弁当やホットフードなど、廃棄処分となった物をもらえたときです。

私がアルバイトしていた当時のお店は、個人オーナーのお店だったので廃棄処分となったお弁当はスタッフが食べて良いということになってました。その為、新商品のお弁当が出るとどんな味だろうと興味を持ちましたし、それが無料で食べられることになったときは嬉しかったです。

お弁当だけに限らず、ホットフードの廃棄処分も多いんです。私が働いていたお店では、深夜でもホットフードを必ず1個は陳列しておくように、というオーナーの方針がありました。しかし、深夜の時間帯はお客様の来客数も激減しますし、ホットフードは賞味期限が短いものが多かったので、廃棄処分が出ることも多かったのです。

私は食べることが好きだったので、色んなものを無料で食べられるっていうのがとても嬉しかったです。

最近は廃棄処分のお弁当など食品はもらえないところが多いです。個人オーナーが経営している店舗では稀に食品をもらえるところもあるようです。

困ったことやつらいことってあったの?

ジュースの管理です。私が仕事をしていた深夜の時間帯は、ほとんどの商品が配達される時間帯でもありました。

それを一定時間内に検品し、棚に陳列していくわけなんですが、これがなかなかの重さでした。特にジュースの場合は、1ケースあたり10キロを超えることもあります。これを2、3ケースずつまとめて、トラックの荷台から下ろし、バックルーム内のジュース置き場まで運んでいくんですが、夏場だと汗だくになるくらい力を使います。

私が働いていた店では、店内と違ってコンビニのバックルーム内はエアコンがかかっていないので、店内とバックルームの室温差も相当こたえました。暑い場所で30~40キロの荷物を運び続けるので、最初の頃はとてもつらかったです。

コージーさんからのアドバイス!

コンビニバイトはお仕事をする時間帯によって、仕事量と内容が全然違ってきます。

深夜は時給も高いですが、商品の搬入があるので、作業することが多くなります。
仕事量が少ない方がいいと思う人や、コンビニバイト初心者の場合は、日中か夕方の勤務がおすすめです。お客様は深夜より多いですが、肉体労働が少ない分、体力的な負担が少ないからです。

6 人が役に立ったと言っています。

この記事は参考になりましたか?

  • メールで送る

PAGE
TOP